美容・健康・ダイエット Feed

2012年3月15日 (木)

絶対に痩せるための体質改善方法

ダイエットで必ず痩せれると言う方法を求めている人は当然多いです。
ダイエットは、栄養の偏りのない食生活と運動が大前提です。
食事から摂取するカロリー量より、運動や生命活動で消費するカロリー量が上回っていれば、
理論上では人は絶対に痩せることができるといえるでしょう。


カロリー摂取と消費のバランスのコントロールを行なうのが痩せれる方法であると考えられます。
ですが、人間の体は1人1人に違いがありますので、カロリー換算だけでダイエットの計画は立てられません。
体質が違う人がダイエットをすれば、著しく効果があがる人とほとんど変わりがないという人がいます。


一体何が原因なのでしょう。
人の体は、血液の循環や体温の維持のために、特に何もしていなくてもカロリーを使っています。
これを基礎代謝といいます。


やはり若い世代でも特に20代の男性が最も基礎代謝が高いようです。
女性は一般的に男性より少なく、また30代、40代と年を取る事に基礎代謝は低下します。
絶対に痩せる方法と聞きダイエットを始めてもすぐに効果が現れずに断念するケースなどにも、
代謝の低さが関わっていると考えられます。


運動をする機会が少なく四肢がむくみがちで、肩こりや腰痛に悩まされているという人は、
代謝が低下しているのかもしれません。
エアコンの行きとどいた環境にいる人は体温調整のために汗をかくことはありませんので、
自然と代謝が低下して脂肪が燃えにくい体質になることがあります。
ぬるめのお風呂にじっくりつかる半身浴も、絶対痩せる方法と言われているようです。


要は、どうなりたいのかという意識付けだと思います。
どれだけ強い意志を持てるかということですね。

内臓脂肪とダイエットの関わりについて

有酸素運動によるダイエットを行うことで、内臓脂肪を減らす効果が期待できます。
どのような方法で有酸素運動を実践していくかというと、
毎日スケジュールがビシッと詰まった生活送っていたり、
子育てが真っ盛りで有酸素運動をするための時間が確保できないという人もいます。


週2~3回の運動がダイエットにいいとされています。
自宅でダイエットに効果のある有酸素運動をしたいという場合は、
ダンベルを用いての筋力トレーニングをするといいでしょう。


この他に取り組みやすい有酸素運動としては、ジョギングや水泳、ウォーキングがあります。
ウォーキングは糖尿病の予防効果が期待できるインスリンの作用を活性化する効果があります。
ウォーキングを行う際には30分は歩き続けることで脂肪燃焼効果が高まります。


有酸素運動によって内臓脂肪を燃やすには、短時間の運動では意味がありません。
呼吸は少し苦しいけれど会話はどうにかできるぐらいの速さでやると
脂肪を効率よく燃焼してくれます。
内臓脂肪をダイエット運動によって減らすためには、
1カ月~2ヶ月は有酸素運動を続けるようにしましょう。


油ものやカロリーの高い食べ物は避け、
野菜中心の食事構成にすることも内臓脂肪燃焼には効果的です。
野菜を沢山使った煮物やスープを食べるといいでしょう。


特に年末年始のイベントシーズンや仕事の関係で外食が多くなり、
野菜が欠乏しがちになる時は要注意です。
内臓脂肪を燃焼するためのダイエットを今しているのだという意識を持つことも大事ですね。
日頃からダイエットを意識することで、今は内臓脂肪を増やしているか
減らしているかなどを考えることができます。

内臓脂肪を減少させるダイエットとは

ダイエットで内臓脂肪を落としたい時にどんな点を気を付けるべきでしょうね!
体重を軽くするために体脂肪を落とすことが一般的なダイエットです。
一方で、体重を少なくすることより内臓脂肪を効率よく燃焼させることを目的として行う
ダイエットが内臓脂肪ダイエットです。


内臓脂肪というのは、内臓の周りを取り囲む脂肪の事ですが、
毛細血管が皮下脂肪よりも多く通っています。
内臓脂肪が皮下脂肪より燃やしやすいのは、血管が多く脂肪が溶け込みやすい位置にあるためです。


内臓脂肪を効率的に燃やすには、有酸素運動でのダイエットが向いています。
脂肪を代謝しやすくするには、有酸素運動を一定時間続けることで
酸素と脂肪を結びつけ活性化することが大事です。


運動によるダイエット効果は、ハードなトレーニングでなければという印象があるかもしれません。
心臓に負荷をかけるような短距離走などは、
脂肪を燃やすという目的から見れば効果の高い運動とはいえません。


有酸素運動ですが、ウォーキングやジョギング、エアロビクス、水泳、サイクリングなどが含まれます。
一定時間の有酸素運動をすることは、全身の血流を促進する効果もあるといいます。
内臓脂肪を減らす為には、有酸素運動を生活に取り入れたダイエットをする必要があるのです。

最近は、どこかしこで道路を闊歩する人たちに遭遇します。
やはり、ウォーキングが一番体に負担が少なく誰でも気軽に出来る有酸素運動ですね!!

内臓脂肪とダイエットの関係

ダイエットをするのは、内臓脂肪を減らすためという方もいます。
動脈硬化や心筋梗塞の原因になる高血圧や高血糖の予防には、
メタボリックシンドロームという内臓脂肪を落とす必要があるためです。


メタボリックシンドロームの代名詞といわれるお腹が出てくる理由が、
内臓に脂肪が蓄積して肥満になる事だからでしょう。
内臓脂肪を取る為のダイエットをする人がとても増えているように思います。


内臓脂肪が健康維持を妨げるというのはどうしてでしょう。
動脈硬化や脳梗塞など生死に関わる恐ろしい病気は、
内臓脂肪の増加によって起きやすい高脂血症や高血圧と関わりがあるためです。


悪玉成分が内臓脂肪にいるという実態が確認されています。
内臓脂肪が多いと血糖値を調整するインスリン量が一定にならなくなり、
血糖値が安定しづらくなります。


生活習慣病として知られる糖尿病の予防には、インスリンが適正値である必要があります。
内臓脂肪が多い体は血栓もできやすくなりますから、
血栓が原因の脳梗塞なども無視できなくなります。


内臓脂肪が増えるというのは、体には決してプラスにはならない為、
ダイエットをして内臓脂肪を減らそうという試みがされているのです。


バランスの悪い食習慣や一時期やっていたスポーツを今はやめたという人、
リバウンドで前以上に太ってしまったという人には内臓脂肪のダイエットは欠かすことはできませんね。

どうしても痩るための食事の仕方

ダイエットしたいため身体に負担のかかるやり方で健康を損なう人が多いみたいです。
どうしても痩せたいからと無理な方法をするのは良くないですね。
継続的に続けていけそうなダイエットとは、辛く感じないダイエットです。


小さな心掛けの積み重ねで、どうしても痩せたいという思いを現実のものにすることが出来ると思います。
食事でカロリーを摂取しても、使わずにいれば余剰分が体脂肪に回されて蓄積されてしまいます。
夕食後すぐに就寝すると、体内のカロリーは余ってしまいます。


どうしても痩せたい人は、できるだけ早い時間に夕食を食べ、食事量を少し控えめにしましょう。
夕食を摂ってから軽くストレッチや散歩などをして身体を動かすと、カロリーが効率よく消費されます。
必ず痩せたいと思う人は、朝ご飯を抜かずにきちんと食べることが大事です。


卵などのたんぱく質はお勧めですね。
そして、昼のランチはおにぎりなど吸収のいいものを食べて、
夕食はあまり晩が遅くならないうちに食べるという習慣を心がけましょう。


どうしても痩せたい人は、3食きっちり食べるようにします。
食べ方にも気を配りましょう。
満腹感を促すため、しっかり咀嚼して食べてくださいね。


食べるのが早い人やジュースやアルコール類を飲むのが早い人は太りやすくなります。
飲食が早いと、食事の満足感を得られる頃には食べ過ぎ、飲み過ぎの状態になっています。
急がず慌てずに食べることを習慣化することで、

どうしても痩せたいという目的が達成されやすくなります。