« どうしても痩るための食事の仕方 | メイン | 内臓脂肪を減少させるダイエットとは »

2012年3月15日 (木)

内臓脂肪とダイエットの関係

ダイエットをするのは、内臓脂肪を減らすためという方もいます。
動脈硬化や心筋梗塞の原因になる高血圧や高血糖の予防には、
メタボリックシンドロームという内臓脂肪を落とす必要があるためです。


メタボリックシンドロームの代名詞といわれるお腹が出てくる理由が、
内臓に脂肪が蓄積して肥満になる事だからでしょう。
内臓脂肪を取る為のダイエットをする人がとても増えているように思います。


内臓脂肪が健康維持を妨げるというのはどうしてでしょう。
動脈硬化や脳梗塞など生死に関わる恐ろしい病気は、
内臓脂肪の増加によって起きやすい高脂血症や高血圧と関わりがあるためです。


悪玉成分が内臓脂肪にいるという実態が確認されています。
内臓脂肪が多いと血糖値を調整するインスリン量が一定にならなくなり、
血糖値が安定しづらくなります。


生活習慣病として知られる糖尿病の予防には、インスリンが適正値である必要があります。
内臓脂肪が多い体は血栓もできやすくなりますから、
血栓が原因の脳梗塞なども無視できなくなります。


内臓脂肪が増えるというのは、体には決してプラスにはならない為、
ダイエットをして内臓脂肪を減らそうという試みがされているのです。


バランスの悪い食習慣や一時期やっていたスポーツを今はやめたという人、
リバウンドで前以上に太ってしまったという人には内臓脂肪のダイエットは欠かすことはできませんね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/563539/28106335

内臓脂肪とダイエットの関係を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿